前へ
次へ

インフルエンザの家庭内感染防止のために

インフルエンザに感染してしまうと、高熱などの辛い症状に悩まされることになりますが、辛いのは患者さん本

more

インフルエンザになったら人と接触しないように

ウイルス感染をしてしまうことで、病気などにかかってしまうこともあります。インフルエンザなども、ウイル

more

インフルエンザウイルスは予防も可能

確かに定期的に流行することになるインフルエンザウイルスは危ないですが、ちょっとした工夫をすることによ

more

こわいインフルエンザから身を守るには

毎年秋から春にかけて猛威を振るうのがインフルエンザです。感染しやすく、症状も風邪より重くなりやすいので、流行しやすい時期は感染予防を心がける必要があります。これは、インフルエンザウイルスに感染することで発症する感染症の一種です。風邪とはウイルスの種類が全く異なります。新型と季節性があり、毎年流行するのは季節性です。流行するウイルスの型はその年によって異なります。一方、新型はいつどこでウイルスが猛威を振るい始めるか予測できず、ヒトが対抗する免疫を持っていないので、季節性よりも予防や治療が難しく、世界的な大流行を起こす可能性を秘めるものです。

自宅で介護をしてもらうならどの会社がおすすめ?
こちらの会社です

https://hinohikari-bs.com/
保険適用できますので、費用にお悩みの方も安心してお越しいただける整体院です

肩こりで悩んでいるなら町田のカトセイヘ
根管治療ができる院長自らが治療させていただきます

一宮市の接骨院で世界的な名医も推奨 | たいよう接骨院・鍼灸治療院

武蔵小金井 小児科
まずはお子様の症状をお聞かせください

季節性のインフルエンザは、原因となるウイルスによって流行の仕方や症状が異なりますが、主に38℃以上の高熱、頭痛、全身の筋肉痛などを伴うのが特徴です。のどの痛み、鼻水、咳といった普通の風邪によく似た症状も出るの見過ごしがちですが、高熱や体の痛みが出たらインフルエンザを疑って、すぐ受診することがのぞましいです。検査をして陽性反応が出たら薬を処方してもらい、安静にすることで回復させることができます。小さな子供や高齢者のように抵抗力の弱い人は症状が重くなりやすいので、特に注意が必要です。特に小さな子供は高熱が続くと、まれに脳症を併発し、予後に良くない影響が出る場合があるので、油断せずしっかり治療を受けたいです。流行の近づく晩秋になったら、医療機関でワクチン接種を受けることで、発症を防いだり発症しても軽症で済ませたりする効果が期待できます。ウイルスは低温や乾燥にを好み、冬はウイルスの繁殖が活発になりやすいので、手洗いをしたり、部屋や喉を保湿したりして、感染や発症を防ぐことが大切です。ウイルスはアルコールに弱いので、流行時期にはアルコールで手指やよく触るドアノブなどを消毒するのも有効でしょう。かかった人はウイルスを保菌しているので、体からウイルスがいなくなるまでの約1週間ほどは、学校や会社を休み、ほかの人への接触を極力避けて安静にして過ごします。元気になったように見えても、鼻水や唾液にウイルスが含まれている可能性が高いので、咳やくしゃみでウイルスが飛沫と一緒に散らばる可能性があります。発症した人は元気になったように見えてもマスクをして、ウイルスをほかの人にうつさないよう気をつけることが大切です。

Page Top